スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅―ギロチン

2008年03月19日
紅―ギロチン (集英社スーパーダッシュ文庫)紅―ギロチン (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2006/07)
片山 憲太郎

商品詳細を見る

あらすじ
駆け出しの揉め事処理屋・紅真九郎にきた一通の電話。それは、商売敵である悪宇商会からの勧誘だった。一度は応じた真九郎だが、最終課題に出されたのは、なんと暗殺計画への参加。標的となるのは、一人の病弱な少女。真九郎は当然のごとく拒否し、交渉は決裂。そして暗殺阻止へと動き出す。しかし、踏み込んだ闇はあまりに深かった。立ち塞がる悪宇商会の殺し屋・斬島切彦。その恐るべき刃は、真九郎と紫の仲までも引き裂き、さらなる窮地へと追い詰める…。
レビュー
紅 二巻
この人はシリーズが増したほうが面白くなっていくタイプの人みたいで
今作もとても面白かった。
ページも薄くなく読みごたえがあると思う。
紫がとてもかわいくて自分自身あまりロリコンってわけではないが目覚めて
しまいそうになる恐ろしい小説www
前作の敵役だった悪宇商会からスカウト、そして出会う斬島切彦
コイツが強いめちゃ強い。でもギロチンというよりも超強力なカマイタチって
かんじだな
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示
« とらドラ!1 | HOME |  »

アフィリエイト fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。