スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

零崎双識の人間試験

2008年03月24日
零崎双識の人間試験 (講談社ノベルス)零崎双識の人間試験 (講談社ノベルス)
(2004/02/06)
take

商品詳細を見る

あらすじ
「零崎一賊」―それは“殺し名”の第三位に列せられる殺人鬼の一族。その長兄にして切り込み隊長、“二十人目の地獄”にして奇怪な大鋏“自殺志願”の使い手、零崎双識が赴いた行方不明の弟さがしの旅は、未曾有の闘争劇の幕開けだった!息をもつかせぬ波乱の向こう側に双識を待つものは…!?新青春エンタの最前線がここにある。Webに連載したものを加筆・訂正してノベルス化。
レビュー
西尾維新の戯言シリーズの外伝第一作
主人公はいーちゃんではなく、しかも三人称でちょっぴり驚いたがすぐ慣れた。
お話の内容は戦闘、戦闘、戦闘、
時系列はクビシメロマンチストの後ぐらい
戯言シリーズ好きな人は絶対読むべき。
双識がいい兄過ぎて予想外だった。
人識の過去が少し分かったりしてニヤニヤして読んでしまった。
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示
Trackback
零崎双識の人間試験 (講談社ノベルス)作者: take出版社/メーカー: 講談社発売日: 2004/02/06メディア: 新書 読んだ後に調べてみると、西尾維新の戯言シリーズのスピンアウト作品らしい。 と言うことで、以下は、元になったシリーズ物を一作しか読んでいない人の感想。 ?...

アフィリエイト fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。