スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“文学少女”と死にたがりの道化

2008年03月21日
“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)
(2006/04/28)
野村 美月

商品詳細を見る

あらすじ
天野遠子・高3、文芸部部長。自称“文学少女”。彼女は、実は物語を食べる妖怪だ。水を飲みパンを食べる代わりに、本のページを引きちぎってむしゃむしゃ食べる。でもいちばんの好物は、肉筆で書かれた物語で、彼女の後輩・井上心葉は、彼女に振り回され、「おやつ」を書かされる毎日を送っていた。そんなある日、文芸部に持ち込まれた恋の相談が、思わぬ事件へと繋がって……。野村美月・新味、ビター&ミステリアス・学園コメディ、シリーズ第1弾!
レビュー
評判がいいので買ってみた。
凄い面白い。言葉通り文学少女の遠子先輩と元美少女覆面作家の心葉
このシリーズ一作目では太宰治の「人間失格」がモチーフになっていて
最後のどんでん返しも「人間失格」に関係している。
過去の名作も読みたくなるし、他の作品のオススメをも教えてくれる本好きなら
呼んでみる価値ありかも
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

アフィリエイト fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。