スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩の街

2008年03月20日
塩の街―wish on my precious (電撃文庫)塩の街―wish on my precious (電撃文庫)
(2004/02)
有川 浩

商品詳細を見る

あらすじ
塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。その崩壊寸前の東京で暮らす男と少女。男の名は秋庭、少女の名は真奈。静かに暮らす二人の前を、さまざまな人々が行き過ぎる。あるときは穏やかに、あるときは烈しく、あるときは浅ましく。それを見送りながら、二人の中で何かが変わり始めていた。そして―「世界とか、救ってみたいと思わない?」。そそのかすように囁く男が、二人に運命を連れてくる。第10回電撃ゲーム小説大賞・大賞受賞作。圧倒的な筆力で贈るSFラブ・ファンタジー。
レビュー
まず最初に言いたいのは絵が……合ってねーよ
まずこれ内容がラノベじゃないよ。ハードカバーになってるけどね
塩害という災害に見舞われてる世界で織り成す
セカイ系のお話。有川さんの自衛隊シリーズ一作目。
シリアスな展開ばかりなのであまり好きではない人にはおススメできないが
まるで映画を見ているかのような上手い文章力でした。
残念ながら残りの自衛隊シリーズはハードカバーなのでとても高いので図書館で読みましょう。
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

アフィリエイト fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。