スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

零崎双識の人間試験

2008年03月24日
零崎双識の人間試験 (講談社ノベルス)零崎双識の人間試験 (講談社ノベルス)
(2004/02/06)
take

商品詳細を見る

あらすじ
「零崎一賊」―それは“殺し名”の第三位に列せられる殺人鬼の一族。その長兄にして切り込み隊長、“二十人目の地獄”にして奇怪な大鋏“自殺志願”の使い手、零崎双識が赴いた行方不明の弟さがしの旅は、未曾有の闘争劇の幕開けだった!息をもつかせぬ波乱の向こう側に双識を待つものは…!?新青春エンタの最前線がここにある。Webに連載したものを加筆・訂正してノベルス化。
レビュー
西尾維新の戯言シリーズの外伝第一作
主人公はいーちゃんではなく、しかも三人称でちょっぴり驚いたがすぐ慣れた。
お話の内容は戦闘、戦闘、戦闘、
時系列はクビシメロマンチストの後ぐらい
戯言シリーズ好きな人は絶対読むべき。
双識がいい兄過ぎて予想外だった。
人識の過去が少し分かったりしてニヤニヤして読んでしまった。
スポンサーサイト

新本格魔法少女りすか

2008年03月21日
新本格魔法少女りすか (講談社ノベルズ)新本格魔法少女りすか (講談社ノベルズ)
(2004/07/17)
西尾 維新

商品詳細を見る

あらすじ
心に茨を持った小学五年生・供犠創貴と、“魔法の国”からやってきた転入生・水倉りすかが繰り広げる危機また危機の魔法大冒険!これぞ「いま、そしてかつて少年と少女だった」きみにむけて放つ、“魔法少女”ものの超最前線、りすかシリーズ第一弾!魔法は、もうはじまっている。
レビュー
正直タイトルがあまりにもアレな名前なので正直買いづらいので
amazonで買いましょうwww。
内容はそこらへんの魔法少女とは比べ物にならないくらいシリアス
りすかの名前の由来はリストカットからで魔法を発動させるには
自らの血が必要など従来の魔法少女とは全く違う。
主人公の供犠創貴。コイツすごく嫌なやつです。
周囲の人々を演技で騙しつづけ、『駒』と呼んで利用している。
「魔法使い」使い。
使われてんじゃねーよ。魔法使いのくせに

クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い

2008年03月19日

クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)
(2002/02)
西尾 維新、take 他

商品詳細を見る

あらすじ
絶海の孤島に隠れ棲む財閥令嬢が“科学・絵画・料理・占術・工学”、五人の「天才」女性を招待した瞬間、“孤島×密室×首なし死体”の連鎖がスタートする!工学の天才美少女、「青色サヴァン」こと玖渚友とその冴えない友人、「戯言遣い」いーちゃんは、「天才」の凶行を“証明終了”できるのか?
レビュー
西尾維新の代表作の戯言シリーズ一作目
クビキリサイクル
読み終えたあとの爽快感があった。
トリックよりもキャラクターが良かった。
(実際ある程度トリックは見破れる。流石に最後のどんでん返しは無理だけど)
これが最初に読んだ西尾維新だったのでとても新鮮に感じた。
読んでみて損はないはず
 | HOME | 

アフィリエイト fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。